古書の買取の相場。それほど高くありません

本買取相場とはどれくらいなのか?高く売る為の工夫とは? - 自費出版は相場以前の問題です

アーカイブ

本買取サイト

自費出版は相場以前の問題です

バーコードがない本だと

なんかよくわからない本がたくさん出てきたから、とりあえず古本屋に持っていってみよう。と思った人はちょっと待って下さい。
もしかしたらその本は自費出版として出されて本なのかもしれません。そうなってくると買取は絶対にしてくれません。
どんな本でも需要があるかもしれませんが、自費出版となるとその需要は限りなく低いものになってしまうと考えられてしまいますよね。
どこの誰かも分からない人物の自伝なんていうものを一体誰が読みたがるというのでしょうか。本買取を依頼するにはその辺りも注意が必要です。
こいつらを売れば少しは臨時収入になるだろう・・・。なんて思っていたけど自費出版だったせいで恥を掻くなんてことがないようにしましょう。

相場を調べるのも大事だけれど

どのような本なのか分からないけど、素人が判断するのは危険らしいし、まずは専門家のところへ・・・。という気持ちも分かります。
けれどもその前に自費出版か判断するためにバーコードが付いているかどうかを確認してみてください。これを確認するだけでも大分違うことになります。
自費出版となるとお金を払えば装丁も豪華にすることができますが、いちいちバーコードをつける人は非常に稀なことになると言えるでしょう。
なので、自費出版かそうでないかを見分けるということならば、素人だとしても簡単にできるということになります。

あまりにも古いなら

しかし、POSシステムが普及する前に発行されたような本だとするのならば、バーコードなんていうものは絶対についていないことになるでしょう。
自費出版だと勘違いした古書が実はとんでもない値打ちモノだったということもありますので、判断は慎重に行うことにしていきたいところです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  
Copyright(C)2016 古書の買取の相場。それほど高くありません All Rights Reserved.